ここから本文です

トーハン創立73周年記念 近藤社長挨拶

2022年9月22日

トーハン創立73周年記念 近藤社長挨拶

株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:近藤敏貴)は、9月19日に創立73周年を迎えました。近藤社長は社内ネットワークを通じて従業員に動画メッセージを発しました。

近藤敏貴社長挨拶(要旨)

創立73周年にあたり、長年にわたるお取引先のご支援に心から感謝したい。
本年は、9月16日の北海道トーハン会を皮切りに、全国でトーハン会総会を開催している。各地で対面式の「TOHAN COMPASS」の時間も取っていただき、全社方針及び重要施策をご説明し、多くの書店様と意見交換をしていく。

中期経営計画「REBORN」4年目となり、下半期はこれまで準備してきたサービスや施策をお取引書店様に提供していくフェーズとなる。新たな仕入・配本プラットフォーム「en CONTACT」がスタートする一方、NFTデジタル特典付出版物は下半期20点の発売を予定している。
10月1日には大日本印刷との提携による桶川書籍流通センターも稼働する。SRCで推進する版元連携在庫と、DNPが持つPOD技術を組み合わせることで、市場ニーズに即時に対応できる商品供給体制が構築できる。日本でPODが本格的に流通に組み込まれる画期的な取り組みとなる。SRCからの出荷は丸善ジュンク堂書店からスタートし、段階的に他の書店法人へ拡大していく。今回の取り組みは日本の書籍流通のターニングポイントになるだろう。

併せて社内では業務改革も加速させていく。常に本質を考え、発想を根本から変えて仕事を合理化し、しっかりと付加価値をお客様に提供していけるよう、全社員で取り組んでいこう。「REBORN」の仕上げに向けて、後半戦もやるべきことを徹底的にやっていこう。

■この件の取材申込・お問い合わせ等はお問い合わせフォームよりお願いいたします