ここから本文です

トーハン 2022年度入社式

2022年4月 1日

トーハン 2022年度入社式

株式会社トーハンは、4月1日午前9時より本社2階会議室にて入社式を執り行いました。今年度の新入社員は23名(男性14名、女性9名)です。

近藤敏貴社長挨拶(要旨)

皆さんの人生の門出をお祝いし、入社を心から歓迎します。

出版業界は変革期を迎えています。コミックを中心に電子書籍の普及が進み、出版社はコンテンツビジネスへと事業モデルを変えつつあります。書店では人件費やキャッシュレス決済手数料など経費が上昇し、輸送を取り巻く複雑な状況も続いています。そうした中で流通を担う私たちのミッションは、町の文化拠点たる書店業を強く支えながら、マーケットを起点とした持続可能な出版流通を再構築していくことです。

4年目を迎えた中期経営計画「REBORN」は、メディアドゥや大日本印刷といった強力なパートナーとの提携を経て、新たなフェーズへ移行しています。これにより、我々が実現を目指しているマーケットイン型出版流通への道筋がさらに具体的になり、全社を挙げて「本業の復活」へと進むスピード感も増しています。
こうしたトップダウン型の施策と同時に、トーハンには4つのラボを通じたボトムアップ型のトライアル環境や、部署横断型のプロジェクトチームもあります。年代を問わず意欲あふれる斬新なビジネスアイデアが次々と提案されており、皆さんにもチャンスが開かれています。

皆さんは新本社で入社する最初の世代です。過去の慣習や固定観念に縛られることなく、まっさらな目線で仕事を見つめ、世の中にどんな価値を提供していけるかを考えてほしい。社会人となれば、喜びも多いですが苦しさも多々味わうでしょう。そんなとき、本日の朝刊で伊集院静さんも書いておられるように、自ら登り坂やむかい風を選ぶ気構えが大切です。今日からトーハンで一緒に汗をかいて「オモロイこと」をたくさんやりましょう。活躍を心から期待しています。

■この件の取材申込・お問い合わせ等はお問い合わせフォームよりお願いいたします