ここから本文です

「2021こどもの本ブックフェア」図書館&一般読者向け本選びの支援企画を実施

2021年7月21日

「2021こどもの本ブックフェア」図書館&一般読者向け本選びの支援企画を実施

株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:近藤敏貴)は、「こどもの本ブックフェア」の関連企画として、図書館関係者及び一般読者に向けた、本選びの支援企画を7月から実施します。

企画背景gaihan002.jpg
「こどもの本ブックフェア」は、毎夏に全国4会場(札幌、京都、岡山、福岡)で開催し、前回開催時(2019年)には15,000人を超える来場者で賑わった人気イベントです。2020年・2021年はコロナ禍で開催を見合わせていますが、今般その関連企画として出版社30社と協力し、図書館関係者と一般読者様に向けた2つの本選びの支援企画を実施します。

企画内容
①図書館向け:実物で選書ができるgaihan001.jpg
「こどもの本ブックフェア オリジナル見本セット」の貸出
「コロナ禍でも実物を見て選書がしたい」という司書や先生方の声に応え、出版社が厳選した図書の見本セット(全150点)をご用意。例年ブックフェアにご来場いただいている書店・学校を中心にセットを貸し出し、書店主催の展示会や学校図書館での選書会で利用いただけます。セット内容は「絵本」「図鑑・資料」などの図書館需要の高い定番テーマに、アクティブラーニングなどの「新しい時代の教育」に関する書籍を加え、今年の図書館必備の商品が揃って
います。貸出希望書店様は弊社営業担当者までご連絡ください。

②一般読者向け:e-hon特設サイトで「『おなやみテーマ別』おうち時間をたのしむ本」を紹介
「こどもの本ブックフェア プレゼンツ @e-hon」gaihan003.jpg
オンライン書店「e-hon」特設サイトで、出版社の児童書担当者が「『おなやみテーマ別』おうち時間をたのしむ本」をコメント付きで紹介します。「赤ちゃんが喜ぶ本」「本が嫌いな子でも読める本」「中高生に読まれる本」など、例年ブックフェア会場で保護者からのご質問が多い選書の悩みにあわせ、テーマ別に掲載します。

【特設サイトURL】トップ画面掲示期間7月21日~8月31日まで。
gaihan004.jpghttps://www1.e-hon.ne.jp/content/cam/2021/kodomonohonbf.html







■この件の取材申込・お問い合わせ等はお問い合わせフォームよりお願いいたします