ここから本文です

新規事業領域への挑戦

トーハングループは、出版流通を主軸に新規ビジネスにも積極的に挑戦し、事業領域の拡大を図っています。

3PL(third party logistics)事業

物流コストの削減と顧客サービスの向上を目指し物流業務をアウトソーシングする動きが加速する中、トーハンロジテックスではこれまで培った出版物流のノウハウを活かし、ロジスティクスサービスを包括的に受託する3PL事業に取り組んでいます。出版物にとどまらず荷主企業に物流改革を提案し、包括して物流業務を受託実行します。長年の経験と実績、経営資源を活用し事業拡大を図る方針です。

トーハンロジテックスはこちら新しいウィンドウを開きます

介護関連事業

事業多角化の一環として、関連会社のトーハン・コンサルティングにて、介護事業を展開しています。
2011年より、介護資格取得支援事業として「介護教室ケアマイスター」を開校。以来、多くの修了生が介護施設・事業所で活躍しています。また、資格取得者がさらに求められる時代になることを見越し、2014年には資格の学校TACと提携し教室事業を拡大しました。
さらに、介護サービス事業として、サービス付き高齢者向け住宅の運営に着手。この分野で実績のある学研ココファングループと業務提携し、その運営ノウハウをもとに2015年、神奈川県横浜市に「プライムライフ片倉」を開業。事業参入を図っています。
トーハングループは、こうした事業領域の拡大により地域社会に貢献し、社会的要請に応えてまいります。