ここから本文です

うちどく(家読)

授業が始まる前の時間を利用して生徒と教師全員が好きな本を読む「朝の読書」は、学校での読書の習慣として定着しています。そこで、読書が習慣化し、読書の楽しさを知っている子どもたちを中心にして、家族みんなで本を読む新たな読書スタイル「うちどく(家読)」を2006年より提案しています。

「うちどく」は読書推進に止まらず、本をコミュニケーションツールとして相互理解を深め、家族の絆がいっそう深まることを目指した取り組みです。

家族の新しい読書の習慣-「うちどく」のすすめ

「うちどく」に特別なルールはありません。家族みんなで好きな本を読んで、読んだ本について話す。これが基本です。
「うちどくの日」を決めたり、同じ本を回し読みしたり、読んだ本をノートに記録したり、子どもたちが考えたうちどくの約束を参考に家族みんなでルールを決めてはじめてみるのも良いでしょう。同じ本をみんなで読めば、会話もいっそう弾みます。また、お互いに本をすすめあう、家族そろって本屋さんで本を選ぶなど、読む本について相談しあうことでもコミュニケーションが生まれます。

「うちどく」実践コーナー

「うちどくノート」ダウンロード

家族みんなでノートをつけると、うちどくがもっと楽しくなります。「うちどくノート」がダウンロードできます(無料)。

「うちどくブックガイド」ダウンロード

うちどくにおすすめの本を掲載した「ブックガイド」がダウンロードできます(無料)。印刷して綴じればブックガイドができあがります。

推進ご担当者様向け実践ガイド

「うちどく」は全国の自治体や学校での活動として広がりを見せています。推進ご担当者様向けの実践ガイドでは、全国各地の取り組み事例や実践のためのツールをご紹介しています。下記よりダウンロードしてご覧ください。

自治体・団体の推進ご担当者様向け実践ガイド(2015年5月改訂)(PDF:984KB)PDFファイルを開きます

うちどく(家読)に関するお問い合わせ先

TEL:03-3266-9587 またはお問い合わせフォームをご利用ください。
(受付時間 平日 9:00~17:00)

本、雑誌、CD・DVD・Blu-rayをお探しの方は
こちら