ここから本文です

社長挨拶

株式会社トーハン
代表取締役社長
近藤 敏貴

ご挨拶

トーハングループは1949年の創立以来、出版社と書店とをつなぐ出版販売会社として、本の流通を中心に日本の出版文化を支えてまいりました。読書によって培われる「言葉」こそが人生を切り拓く糧となります。そんな信念を胸に、大切な一冊との出会いと豊かな読書体験を人々に提供し続けることが、私たちの使命です。

私たちの強みは、豊富なデータの蓄積に基づく緻密な企画提案力とそれを支える一人一人の感性にあります。また、その基盤となる出版業界随一の情報・物流ネットワークも進化を続けております。

今日、技術の急速な進歩とそれに伴うグローバル化を受けて、私たちの社会は過去に無いほどのスピードで変化しております。人々のライフスタイルは多様化し、ビジネスを取り巻く環境は日に日に複雑化していきます。

従来の活字媒体の他、デジタルコンテンツも広く普及し、人々の本との関わり方、読書の楽しみ方は大きく変化してきております。それに伴い、新しい書店像の提示も求められております。出版文化に新風を吹き込むべく、私たちは変革と創造の時を迎えております。

トーハングループでは文具・雑貨等をはじめとした取扱品目の拡大、当社オリジナル商品の企画開発、カフェ等の新サービスを導入して、書店空間の魅力を高める複合化に注力しています。加えて、出版総合商社として事業領域の拡大を図り、海外事業や介護事業など、グループを挙げて新たなビジネスの創出にも取り組んでおります。出版流通を軸としつつ、事業の拡大と収益の向上を実現するため、業界内外のパートナー企業様との連携を深めてまいります。

トーハングループが新たなステージへと進んでいくためには、自ら考え行動できる人材が必要です。働き方改革や組織活性化を推し進め、自律型人材を育み、働きやすい企業風土を創ってまいります。

私たちは流通改革を通じて出版文化のさらなる発展に寄与できるよう、挑戦を続けてまいります。