ここから本文です

非会員型コワーキングスペース『HAKADORU(ハカドル)』 新宿にオープン

2020年7月15日

働き方改革を"はかどり方改革"に
気軽に使えて"ハカドル"仕掛け満載の非会員型コワーキングスペース
『HAKADORU(ハカドル)』 新宿にオープン
7/15(水)オープン。パーソナルスペースを確保し、ウィズコロナ時代の「ハカドル仕事場」を提案。

hakadoru00.jpg

20200715hakadoru_s01.jpg











株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、代表取締役:近藤敏貴、以下「トーハン」)は、「気軽に使えて短時間で仕事が"ハカドル"環境」をコンセプトとするコワーキングスペース『HAKADORU(ハカドル)新宿三丁目店』をオープンします。虎ノ門店(2020年3月オープン)に続く第2号店となります。

『HAKADORU新宿三丁目店』は、地下鉄新宿三丁目駅から徒歩1分の路面店で、アクセスは抜群です。Wi-Fiや電源を完備し、フリードリンクでカフェのように気軽に使えるオープンスペースや、短時間で集中できる会議室のほか、リモート会議にも使える個室ブースを充実させました。利用料金は、必要なときに使える時間課金型と、リピーター向けの定額型(法人会員/個人会員)を設定。多様なワークスタイルに合わせて柔軟にご利用いただけます。

公式HPまたはスマートフォン用HAKADORU公式アプリで会議室の予約が可能。アプリではキャンペーンなどの最新情報も配信し、来店時の会員証画面ご提示でスタンプを集めると特典と引き換えることができます。

ユーザーが来店後すぐに"ハカドレる"ようにHOT/COLDのおしぼりのサービスでお迎えします。座席には、年間8000人以上のビジネスパーソンへの販売実績のあるワークチェアのセレクトショップ『WORKAHOLIC』がセレクトした、6種類の最先端ワークチェアを導入。デスクはいずれも幅1メートル以上のパーソナルスペースを確保し、作業効率とソーシャルディスタンスにも配慮しています。

書籍ダイジェストサービス『SERENDIP』を提供する株式会社情報工場とコラボーレションし、『SERENDIP』の無料体験や、ビジネス書・教養書を中心に働く人のトレンドを意識した書籍の現物もセレクトします。また、フリードリンクとは別に、1956年創業の小田原発の人気ロースタリー『スズアコーヒー』がプロデュースする「集中」と「発想」をテーマにしたオリジナルブレンドコーヒー(店内利用100円/テイクアウト150円・税別)の提供を行います。

【新宿三丁目店 基本情報】
名  称: HAKADORU新宿三丁目店
営業時間: 平日7:30-21:30 土日祝 9:00~21:30 不定休
席  数: パーソナルスペース34席、個室ブース6室、会議室2室(最大14名)
料  金: 最初の40分300円、以後20分毎200円。会議室は1時間 3000円から(いずれも税別)
住  所: 東京都新宿区新宿3丁目1-24 京王新宿三丁目ビル1F
H  P: https://haka-doru.jp/

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報担当 TEL 03-3266-9587