ここから本文です

全国書店共助会 コロナ対策で休業した会員書店への支援を実施

2020年5月18日

全国書店共助会 コロナ対策で休業した会員書店への支援を実施

このたび全国書店共助会(会長:玉山哲、理事長:近藤敏貴)において、会員書店に対する支援策の実施が下記の通り決定されましたので、お知らせいたします。
これは、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、休業等の措置を余儀なくされている会員書店を支援する取り組みです。

1、年会費の免除
  対象 全加盟店(2020年3月31日時点)
      第56期(2020年9月~2021年8月)の年会費を免除

2、加盟法人の休業した加盟店舗に対する特別給付
  対象 2020年4月~5月に7営業日以上休業した加盟店
      加入口数10口につき30万円を給付

3、加盟法人の休業した非加盟店舗に対する特別給付
  対象 2020年4月~5月に7営業日以上休業した店舗
      1店舗につき5万円を給付

※特別給付については6月末の給付を予定。

※全国書店共助会とは書店の相互扶助を目的とした組織で、株式会社トーハンの取引書店で構成され、現在は1,989店舗(1,469法人)が加盟。会員が拠出する会費を原資とし、会員書店の災害罹災時の給付などを行なっている。

※書店様の申請書の提出及び問い合わせは、営業担当者までお願いします。

■この件に関する取材申込先  トーハン広報担当 TEL 03-3266-9587