ここから本文です

トーハン創立70周年記念式典

2019年9月24日

トーハン創立70周年記念式典

株式会社トーハンは、9月19日午後4時より本社8階大ホールにて創立70周年記念式典を催し、近藤社長が所信を述べた。続けて永年勤続者30名を表彰し、企業研修・人材育成の分野で活躍する原田隆史氏の特別記念講演会を行った。

近藤敏貴社長挨拶(要旨)

創立70周年の節目にあたり、長年にわたるお取引先のご支援に心から感謝したい。
今年は令和元年であり、当社の中期経営計画『REBORN』元年でもある。市場環境の変化の中で、「本業の復活」と「事業領域の拡大」の二つの方針を掲げ、当社自身が大きく生まれ変わることを内外に表明した。
当社が積極的に問題提起する姿勢へと転換し、目指すべきマーケットイン型出版流通などの提言を行なってきたこともあり、いま出版界全体に改革の機運が高まっている。今後は全体最適の視点から、個々の企業の枠を越え、新たな仕組みの具体化を急ぐ必要がある。諸外国の先行事例を見れば、世論や国を動かすことも必要だ。一人一人が変革の担い手であり、自信を持って最大限のパフォーマンスを発揮し、本業の復活を成し遂げよう。
事業領域の拡大についても、不動産活用などを積極的に進めている。中でも新本社ビルの建築は『REBORN』を象徴する一大プロジェクトだ。全員が当事者であり、働き方改革などを通して主体的にプロジェクトに関与してほしい。
出版流通を支えるトーハンの使命に終わりはない。とくに若い皆さんには、未来を意識して自らの行動を『REBORN』の指針と照らし合わせ、なすべき仕事を考え続けてほしい。次の節目となる75周年の『REBORN』達成を目指し、全員で走り続けよう。


<特別記念講演>
講師:原田隆史氏(原田教育研究所 代表取締役社長)
奈良教育大学卒業後、大阪市内の公立中学校に20年間勤務。独自の育成手法「原田メソッド」により、勤務3校目の陸上競技部を7年間で13回の日本一に導く。大阪市教職員退職後、「原田メソッド」に多くの企業から注目が集まり、企業研修・人材育成の分野で活躍。著書に『最高の教師がマンガで教える 目標達成のルール』(日経BP)などがある。
演題:「一流の達成力」
今春原田氏の講演を聴いた近藤社長が「『REBORN』実現のため、社員にもぜひ聴いてほしい」と招聘。60分間の熱気のこもったプログラムに約470名の役職員が参加した。

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587