ここから本文です

「第20回 台湾漫画博覧会」に59.5万人超が来場し盛況

2019年9月 4日

「第20回 台湾漫画博覧会」に59.5万人超が来場し盛況
~アジア最大級のポップカルチャーコンベンションで日本のコンテンツをアピール~

株式会社トーハンは、8月1日~5日の5日間にわたって、台湾台北市・世界貿易センターで開催された「第20回 台湾漫画博覧会 日本館」の運営にあたりました。今年の来場者数は59.5万人(前年対比:106.2%)と、従来のコミック、アニメコンテンツに加え、新たに拡充されたゲームエリアの人気も後押しし、日本のコンテンツが集まる台湾最大のイベントの一つとなりました。
トーハンと、100%子会社である台湾東販股份有限公司が共同で運営する日本コンテンツエリア「ICHIBAN JAPAN 日本館」では、専用ステージとブースエリアを用意し、日本のコンテンツをアピールしました。

[出展内容(一部抜粋)]
・ゲームアプリ「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」(※1)ブース
⇒ステージにて声優「稲川英里」氏を中心に、プロデューサーの「坂上陽三」氏、「狭間和歌子」氏によるスペシャルトークショー
・「TEAM SHACHI」「たこやきレインボー」「ばってん少女隊」「いぎなり東北産」など、スターダストプロモーション所属アイドルをはじめとしたアイドルパフォーマンス

20190904taiwan.jpg













当館での各種展示やライブといった取り組みは、日本コンテンツの新しい顧客の創造につながっています。また、会場内に留まらず、台北駅をはじめ、台北市内のMRT27駅、バス停65箇所、その他映画館やモールでのデジタルサイネージを使った日本館宣伝動画の放映、日本館公式Facebookでの告知や台湾メディアの報道により、露出効果は100万人以上を見込んでいます。

今後もトーハンは、日本コンテンツの海外市場進出を支援してまいります。

□イベントの内容はトーハンホームページの「海外イベントのご紹介」
https://www.tohan.jp/works/oversea/event.html)よりダウンロードが可能です。

※1「アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ」は、株式会社バンダイナムコエンターテインメント様より配信中のコンテンツです。

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587