ここから本文です

「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」の会員に

2019年2月21日

「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」の会員に

株式会社トーハンは、「持続可能な開発のための目標(SDGs)」への取り組みを強化するため、今般内閣府地方創生推進事務局が設置した「地方創生SDGs官民連携プラットフォーム」に加入し、会員になりました。プラットフォームへの参画を通じ、「SDGs」関連書普及への取り組みを更に強化していきます。

地方創生SDGs官民連携プラットフォーム
◎目的
地方自治体、企業、NGO・NPO、大学・研究機関等、多様なステークホルダーの積極的な参画及び官民連携を推進することにより、「SDGs」の達成に向けた取組及び、それに資する「環境未来都市」構想のさらなる推進を通じて、より一層の地方創生の推進につなげる。
◎活動内容
・マッチング支援:会員情報や会員主催のイベント情報の共有等
・普及展開活動:プラットフォームや内閣府が主催・共催する展示会・イベント・国際フォーラム等への
 出展・参加、自社開催イベント等でのプラットフォームの後援名義使用等
・分科会開催:共通の問題や課題の共有・調査・検討の実施を行う分科会の提案、参加等
◎会員数(2018年11月30日時点)
 537団体(都道府県及び市町村:227団体、関係府省庁:12団体、民間団体等:298団体)

トーハンは、「図書館ブックフェア2018 総合図書展示会」での「SDGs」関連図書展示、オンライン書店「e-hon」特集ページ『「SDGs」を考え、行動するための本』の開設など、教育現場や企業の関心が高まっているテーマの選書の場を提供し、市場のニーズにいち早く対応しています。

20181108SDGs.jpg「SDGs」とは
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(2015年に国連サミットで採択)に記載された、2016年から2030年までの国際目標。
「誰も置き去りにしない(leaving no one left behind)」を共通の理念とし、持続可能な社会を実現するための重要な指針として、17のゴール・169のターゲットから構成されている。


■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587