ここから本文です

トーハン従業員組合 広島トーハン会と協力し、被災地域の保育所に図書を寄贈

2018年12月20日

トーハン従業員組合
広島トーハン会と協力し、被災地域の保育所に図書を寄贈

トーハン従業員組合(本部:東京都新宿区、執行委員長:小野田翼)は、12月11日から18日にかけて、広島トーハン会(会長:広島市 金正堂・山本秀明社長)と共同で、平成30年7月豪雨で被災した10ヶ所の保育所に図書を寄贈しました。
寄贈に際して、広島県による被災地域の子どもと子育て家庭を支援する取り組み「イクちゃんこども応援プロジェクト」に登録し、床上浸水以上の被災があった保育所・認定こども園に対し、ご希望のあった絵本や紙芝居など合計427冊を提供いたしました。今後、岡山支部など他の地域での実施も予定しています。

<図書寄贈 実施概要>
共催:広島トーハン会、トーハン従業員組合 広島支部
協力:広島県
図書寄贈日:12月11日~18日
寄贈冊数 :計427冊
図書寄贈先:広島市 深川保育園、呉市 安浦中央保育所 他 計10施設
※いずれも広島県の「イクちゃんこども応援プロジェクト」を通じて寄贈しました。

20181220hiroshima.jpg














トーハン従業員組合では、このほかにも定例の読書推進活動として、児童養護施設へのクリスマスプレゼント図書寄贈(毎年12月)や、組合員が読み手として参加する読み聞かせ会(毎年秋冬)などを実施しています。
今後も本を通じた社会貢献活動に、継続的に取り組んでまいります。

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587