ここから本文です

2017年 上半期ベストセラー発表

2017年6月 1日

2017年 上半期ベストセラー発表

~総合第1位は「九十歳。何がめでたい」、 文庫総合1位は「リバース」~

株式会社トーハンは、「2017年 上半期ベストセラー」(集計期間=2016年11月26日 ~2017年5月25日)を発表しました。

【集計ジャンル】
総合
文庫総合
●単行本(文芸書/ ノンフィクション・教養書他 /ビジネス書/ ゲーム攻略本/ 児童書/ 実用書)
●新書(ノベルス /ノンフィクション)
●全集

発表資料(pdf)はこちら⇒ トーハン調べ 2017年 上半期ベストセラー
e-honランキング(pdf)はこちら⇒ e-hon 2017上半期ランキング

【概況】

総合第1位は佐藤愛子「九十歳。何がめでたい」(小学館)。

昨年発売の作品ですが、メディアでの取り上げも多く、37週連続でランクインしました。
著者の他の関連書も話題となり、18位には「それでもこの世は悪くなかった」もランクインしました。

文庫総合1位は湊かなえ「リバース」(講談社)。
今年4月からTBSでドラマ化され、話題となっている作品の文庫化です。

文芸書1位は村上春樹「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編・第2部 遷ろうメタファー編」(新潮社)。7年ぶりの長編小説の発売が話題となりました。
e-honランキングの1位も「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」となりました。

e-honランキングでは、子どもたちに大人気の「日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル」シリーズ(文響社)が12位「小学1年生」、14位「小学2年生」、20位「小学3年生」と3作品ランクインしています。