VOICE

田口 友樹

EC

Yuki Taguchi

田口 友樹

プラットフォーム事業部

出身学部学科:経済学部

2011年入社

  • Q1業界およびトーハンへの志望動機を教えてください。
    本が好きなので、単純に本に携わる仕事がしたいという思いから、出版業界で就職活動を始めました。本に携わる仕事と言えば「本を作るか、売るか」だと漠然と考えていましたが、就職活動をする中でトーハンの仕事を知り、多様な関わり方・選択肢があるのだと気づかされました。その多様性・可能性の大きさに惹かれトーハンを志望しました。
  • Q2現在の仕事内容を教えてください。
    「オンライン書店e-hon」に関する業務を担当しています。トーハンが開発・運営を行う「e-hon」は、ネット・電子・書店の相乗効果を狙っており、リアル書店にも利益が出る仕組みのネット書店です。営業部門と連携して、新規加盟店の開発、新規会員獲得に向けた販売促進計画の立案や、e-honミステリーキャンペーン等の販売促進施策の企画・運営を行っています。

    田口 友樹

  • Q3印象に残っている仕事はなんですか。
    (やりがいを感じた仕事、難しかった仕事など)
    体験型謎解きイベント「e-honミステリーキャンペーン」の企画・運営です。その中で私は、販促ツールの企画・制作業務を担当しました。予算が限られているため試行錯誤し苦悩しましたが、その反面、納得するものが出来たときの嬉しさはとても大きかったです。これまでの実績を上回るための販促ツールを制作しなければならなかったので、プレッシャーは大きかったですが、その分やりがいを感じる充実した仕事になりました。
  • Q4どんな人(若手)と一緒に働きたいですか。
    仕事に限らず、自分の知らない「楽しいこと・面白いこと」を教えてくれる人、情報交換ができる人と働きたいです。トーハンは出版業界以外でも新規事業を行っています。「出版」はもちろんですが、それ以外の分野にも興味を持ち新しい概念や考え方を吸収できる人、またそれらを既存の事業と組み合わせて、新しい価値を創造できる人がこれからは求められていくと思います。
  • Q5学生へのメッセージを聞かせてください。
    トーハンの仕事は多種多様なため、自分のやりたいことを実現できる部署や業務がきっとあるはずです。初めからやりたいことを明確にイメージできていなくても大丈夫。経験を積む中で見えてきた自分のビジョンを、トーハンなら実現できるフィールドやチャンスがたくさん用意されています。

ご覧いただき、ありがとうございます。
皆さまとお会いできることを、心より楽しみにしております。

エントリー