VOICE

石永 翔眞

営業

Shoma Ishinaga

石永 翔眞

営業統括推進部

出身学部学科:文学部

2013年入社

  • Q1業界およびトーハンへの志望動機を教えてください。
    私は出版業界へのこだわりはさほどなく、様々な業界の企業に満遍なくエントリーし、就職活動を行なっていました。実を言うとトーハンは、偶然サークルの先輩がいたことがきっかけで応募しました。動機は安直ですが、エントリーシートや面接などの選考過程では、他のどの企業よりも自分の意見を率直に話せ、評価してもらうことが出来たので、実際に自分が働いたときに、会社や仕事に対するギャップが少ないだろうと思い、入社を決意しました。
  • Q2現在の仕事内容を教えてください。
    営業統括推進部では、データ分析を通して営業企画の立案を行なっています。トーハンには、全国の取引先書店・出版社から、売上や商品情報などのデータがたくさん集まってきます。それらを分析し、営業担当者が「何を」「どのように」行なえば、取引先やトーハンの売上・利益により貢献できるのかを日々考えています。営業担当者が書店コンサルティングをより効果的に実施できるよう、データ面からサポートをしています。

    石永 翔眞

  • Q3印象に残っている仕事はなんですか。
    (やりがいを感じた仕事、難しかった仕事など)
    いままで大小さまざまな仕事をしてきましたが、一緒に仕事を進めている営業担当者から「石永さんのおかげでうまくいったよ」と感謝される瞬間に、いつもやりがいを感じています。トーハンの仕事はチームプレイです。実際に書店に足を運ぶ営業がいなければ、私の仕事は1円の利益も生み出せません。そこで、現場を熟知している営業担当者と密なコミュニケーションをとり、課題をしっかりと捉えることで、書店ニーズに即した提案が出来るよう、常に心がけています。
  • Q4トーハンの魅力を教えてください。
    先にも述べましたが、出版販売会社であるトーハンには、商品(本)に加え、商品にまつわる情報も集約されています。例えばベストセラーひとつとってみても、背景には必ず、社会情勢や流行などの「その本が売れる要因」が潜んでいます。様々なメーカー(出版社)の商品を幅広く取り扱うことで、常に市場環境にアンテナを張り、たくさんの情報を吸収しながら仕事が出来るのは、数ある企業の中でも、トーハンならではの魅力です。
  • Q5学生へのメッセージを聞かせてください。
    考える習慣をつけましょう。物事を決められた手順でやるだけでは、仕事ではなく作業です。「なぜこのやり方でやるのか」「なんのためにやるのか」、背景にある目的や理由を考えることで、自ずと「自分なりの視点」が加わり、物事をより良い方向に導くことが出来ます(私の場合、大抵は試行錯誤しながらですが)。みなさんの就職活動も、ペースに個人差はあれど、ある程度決まったフローで進んでいくと思います。「自分なりの視点」を見失わないようにして、入社してよかったと思える企業に巡り会えるよう、最後まで頑張ってくださいね。

ご覧いただき、ありがとうございます。
皆さまとお会いできることを、心より楽しみにしております。

エントリー