VOICE

河村 一平

営業

Ippei Kawamura

河村 一平

特販第一部第三グループ

出身学部学科:経済学部

2013年入社

  • Q1業界およびトーハンへの志望動機を教えてください。
    もともと多くの人との繋がりを大切にしてきました。その中でサークルの副代表や、ゼミ長を経験し、仲介することや、意見を集約し新しいモノを創り出すことにやりがいを感じていました。トーハンは自社商品を持っていません(メーカーと協力して企画・開発を行うMVPブランド商品を除く)。出版社と書店の間というポジションで出版業界全体に大きく関わることができ、自社商品のみに囚われない提案の幅の広さが魅力的でトーハンを志望しました。
  • Q2現在の仕事内容を教えてください。
    全国展開しているナショナルチェーン店の2店舗の営業を担当しています。広い意味で言えば書店コンサルティングの仕事です。担当店の売上を最大化するために、書店の課題発見と解決案の提示を行っています。 トーハンでは全国の書店の売上に基づいた売上良好書の把握が可能です。多くの情報データと、週3回の担当店訪問による売場分析で、お客さんがもっと本を買いたくなるような、より良い売場づくりを目指しています。

    河村 一平

  • Q3印象に残っている仕事はなんですか。
    (やりがいを感じた仕事、難しかった仕事など)
    自分が主体となって書店のレイアウトや棚に置いている商品の変更を提案し、改装後店舗の売上が大きく上がったことが印象的です。現在の売上に対して在庫冊数や棚の段数はどうなのか。売り伸ばしが可能なジャンルはどこなのか。お客様の導線から考え、どこにどのジャンルがあるべきなのか。社内外で多くの人と関わり、結果を残せたことで、担当店舗だけでなく、担当チェーン本部様からも大きな信頼を得られたので、大きなやりがいを感じました。
  • Q4どんな人(若手)と一緒に働きたいですか。
    自分自身のことをよく知っている人と働きたいです。自分に無いものはなにかを知っている人は、無いものを得るためにはどうすべきかを考えます。人の意見を聞き、自分の意見を言える人は魅力的です。意見の押し付け合いではなく、意見の共有が大切だと感じていますし、私自身、新入社員から気づかされることもあります。共に成長できるよう刺激を与えてくれる自発的な若手と一緒に働きたいです。
  • Q5学生へのメッセージを聞かせてください。
    やりたいことを仕事にできることがベストだと思います。やりたいことが決まっていない方は多くの業界、多くの企業を見るのが良いと思います。企業理念や先輩社員に共感できると自然にやりたいこと、なりたい姿が見えきます。それがトーハンであれば嬉しいです。就職活動は1度きりですが、多くのことを知れるので今後の糧になると思います。辛いこともあるかと思いますが、後々楽しかったと思えるような今を過ごしてくれることを願っています。

ご覧いただき、ありがとうございます。
皆さまとお会いできることを、心より楽しみにしております。

エントリー