人事制度

人材育成方針

トーハンでは、価値観が多様化している時代の変化のなかでも個々人の成長と組織の発展のベクトルを揃えうる人材こそが、会社を変えていくと考えています。
その為には、今の自分への自己満足に陥ることなく、常に基本に立ち返り成長していく、学ぶ姿勢を持ち続けることが必要です。
そのような意味から、①役割、立場に応じ集合研修 ② 職場内での実務教育(OJT)③自己啓発支援のメニューを準備し、主体的に「考え」「行動」できる「社員」の育成を支援する態勢を用意しています。

ページの先頭へ戻る

目標管理制度

  • 企業理念

  • 中長期計画

  • 年度計画(全社)

  • 部門計画

  • 個人目標

目標管理制度とは、会社の目標達成のために、職場が求める期待と個人が目指す目標を擦りあわせ、
個人が目標達成のための努力や能力発揮を行うことで組織目標と個人の成長を実現する為の制度です。
トーハンでは「目標シート」を使用した運用を行なっています。上長と擦りあわせて設定した個人目標の状況を、半期ごとの面接で振り返ります。
このような面接を通して、現状の達成状況や問題点の確認、修正すべき点や進むべき方向性を共有、明確にした上で、次期行動へ繋げていきます。

ページの先頭へ戻る

新入社員研修 内容

トーハンでは、入社後1年間を新入社員育成期間と捉え、トーハン社員としての知識やスキルの基本を、まず身に付けていただきます。
この期間に、①集合研修、②職場内教育、③自己啓発を一通り行うことで、社会人としての学ぶ姿勢、考え方を身に付けていきます。
昨年度の研修内容は以下の通りです。

  1. 導入研修 (4月上旬)

    新入社員集合研修では、社会人としてのビジネスマナーや、トーハン社員としての基本的知識を習得します。
    ビジネスマナーの習得には、先輩社員がトレーナーとして参加し、名刺交換や電話応対等、実際の場面をシミュレーションした研修を通し、仕事の取り組み方や姿勢等を先輩社員と触れ合うことで学んでいきます。
    研修は新入社員の同期内のコミュニケーションを深め、相互に刺激し合いながら成長していくトーハン社員としての初めの一歩を経験していただきます。

    01

  2. 実務体験研修 (4月中旬~4月上旬)

    営業同行研修(営業職の先輩社員に同行)
    書店実務研修(実店舗での業務)
    物流施設研修(トーハンの物流施設での発送・返品作業)
    など、実際に仕事の現場に触れる研修を通して、会社の基幹業務を理解していただきます。

    • 営業同行研修

      営業職の先輩社員に同行

      営業同行研修

    • 書店実務研修

      実店舗での業務

      書店実務研修

    • 物流施設研修

      トーハンの物流施設での発送・返品作業

      物流施設研修

    02

  3. 職場実地研修 (5月上旬配属後~3月末)

    集合研修、実務体験研修が終了した5月上旬に、新入社員はそれぞれ社内各部門へ配属となります。配属後は、職場での上司とOJT指導員による育成となります。
    職場の先輩社員1名が、配属後1年間OJT指導員となり、仕事への取り組み姿勢や各職場において必要な知識や技能を指導いたします。

    03

  4. 新入社員フォロー研修

    配属後、中間フォロー研修(10月)と、最終フォロー研修(2月)を実施します。

    04

ページの先頭へ戻る

自己啓発支援 内容

担当する分野でプロフェッショナルを目指そうとする社員に対し、任意で受講できる通信教育の充実を図っています。
「各職場で期待される役割」に応じて、社員自らが身につけたい能力を選択できるよう、約160講座が用意されています。
また、期間内に一定の基準で修了したものには、奨励金が支給されます。
業務に関わる一部資格についても、取得奨励金が支給されます。
その中でも「リテールマーケティング(販売士)検定試験1級」については、販売会社として必要な知識を網羅的に学習できることもあり、
外部講師を招いた社内でのスクールを実施するなどの支援を行っています。
また、「トーハン・ビジネススクール」と称して、外部講師はもちろん社内で専門知識を持つ職員を講師として、自由参加の勉強会を開催しています。
マーケティングや財務諸表、店頭分析など、社員の知識やスキルを高める多様なカリキュラムがあります。

ページの先頭へ戻る

自己申告制度

1年に1度(通常10月)、全社員に「自己申告書」が配布されます。
現在の所属部署以外への異動希望や、挑戦してみたい仕事、転勤に関する考え方、特に力を入れて取り組んでいる自己啓発活動等について記入し、
いつでも提出することができる制度です。
直接総務人事部長宛に自分の希望を伝えることができます。提出された自己申告書の内容を参考に、人事異動等が実施されます。

ページの先頭へ戻る