トーハンの役割

出版業界においてなくて、無くてはならない存在

出版業界には、約3,500社の出版社(メーカー)と、約13,500社の書店(小売店)が存在しています。
また、年間約76,000点の新商品が出版され、既刊商品と合わせて膨大な商品が流通しています。
これらを出版社と書店が直接取引を行うことは、商品管理、情報管理、リスク管理の面から煩雑を極め、本来の創作や販売の業務に支障をきたすことになります。
そこで、出版販売会社が間に入り、出版社、書店、そして読者へ向けた様々なサポートを提供しています。

商流機能

「仕入代行」「販売代行」「金融代行」の3つを合わせた機能です。
仕入代行とは、書店・コンビニ(小売店)の代行として出版社(メーカー)から商品を仕入れることです。
販売代行とは、出版社の代行として商品の販売戦略を立て、全国の小売店に対して、商品供給、販売を行うことです。
それらの売買に伴う代金の支払および回収を行うことが金融代行の機能です。

出版販売会社と取引をすることで、書店にとっては多くの出版社の商品を仕入れることができ、
出版社にとっては日本全国の書店やコンビニに商品を届けることができるようになります。

商流機能

ページの先頭へ戻る

物流機能

出版社から商品を仕入れ、実際に商品を小売店へお届けする機能です。
お届けといっても、その中身は「メーカーからの商品搬入」、「仕分け」、「小売店への出荷」、「在庫管理」、「返品整理」等、実際の商品を動かす多様な業務があります。

日々増え続ける膨大な出版物を、的確・迅速に供給するため、トーハンでは世界最大級の書籍流通拠点「桶川SCMセンター」を建設し、出版業界全体のインフラとして機能しています。

物流機能

ページの先頭へ戻る

情報流通機能

出版社と小売店の間でビジネスをしているトーハンには、出版に関する膨大な情報が集約されます。
具体的には、出版社からの商品情報、書店の販売・送品・返品データなどの情報が蓄積されます。

それらを集計・分析し、社内では仕入・配本・営業・販売企画などにおいて、質の高い提案を行うための基礎データにするほか、書店向け情報システム「TONETS V」、出版社向け情報ネットワーク「TONETS i」を通じて、業界三者で相互利用できるよう加工して提供しています。

情報流通機能

もっと詳しく知りたい方はこちらへ

ページの先頭へ戻る

リテールサポート機能

トーハンは、最新鋭の物流施設で取得したデータを基に、書店(リテール)の売上増大を目的としたビジネスモデルの提案や、店舗の特性に合わせた商品構成、展開手法に至るまで、多岐に渡ってコンサルティングを行っています。

また、書店開店の際の市場調査や店舗設計・運営上の相談等、小売店の強力なパートナーとして、トーハンならではの情報、ノウハウにより、小売店を支援しています。

リテールサポート機能

もっと詳しく知りたい方はこちらへ

ページの先頭へ戻る