ここから本文です

第9回トーハン桶川SCMセンター感謝祭開催

2018年10月31日

第9回トーハン桶川SCMセンター感謝祭開催

株式会社トーハンは、10月21日(日)、株式会社トーハンロジテックス(本社:埼玉県桶川市、代表取締役社長:田仲幹弘)ほか物流業務に携わる企業8社で構成されるトーハン共栄会と共に、「第9回トーハン桶川SCMセンター感謝祭」を開催しました。当日は家族連れなど総勢約1,000名の参加者でにぎわいました。

トーハン桶川SCMセンター感謝祭は、近隣住民や同センター従業員とそのご家族、また主要な取引先を招き、日ごろの感謝を伝える催しとして毎年秋に開催されています。
開会式ではトーハン共栄会を代表し、株式会社コバヤシユニオン・宮田美佐代社長が「出会いはすべてが縁だと思います。この職場が皆様にとって良い縁と思ってもらえるよう努力していきたい。今日は皆様に感謝する会ですから、たくさん楽しんで下さい」と挨拶されました。
来賓代表の桶川市・小野克典市長は「日頃から地域活性化・雇用創出にご尽力頂き、また市のキャラクター『オケちゃん』を通じてPRにご協力頂き有難うございます。読書離れと言われる中、桶川市としては幅広い世代が本に親しめるよう、今後も図書館整備など様々な政策を進めたい。これからもセンターが地元に愛され、ますます発展されますようお祈りします」と祝辞を述べられました。
トーハン副社長兼トーハンロジテックス社長の田仲幹弘は「出版産業の特徴は、出版社の8割以上が首都圏にあり、印刷・製本会社も集中していること。当センターは日本全国からの書籍の注文を一手に担っており、世界的にも類を見ない書籍流通の一大拠点です。ここで働く市民の皆様が日本の出版文化を支えています。これからもよろしくお願いします」と述べました。
天候の変化に備えて屋内に設置されたメインステージはイベントで大いに賑わい、地元の高砂屋書店によるバーゲンブック販売コーナーが設けられた芝生広場では、終日子どもたちの歓声が響きわたりました。天候にも恵まれ、感謝祭は大盛況のうちに終了しました。

【第9回トーハン桶川SCMセンター感謝祭】
開催日時:10月21日(日)11:00~14:30
ステージ企画:吹奏楽演奏(市立桶川中学校吹奏楽部)、ゲーム、抽選会
物販・飲食他:新鮮野菜販売(JA南彩)、読み聞かせ会(ボランティアグループ紅花の会)、バーゲンブック販売(高砂屋書店)、菓子展示即売(森永製菓)、センター見学会、模擬店 他

20181031okegawa.jpg

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587