ここから本文です

平成29年度決算概況

2018年6月 5日

平成29年度決算概況
(第71期 平成29年4月1日~平成30年3月31日)

◇単体決算-減収減益決算

○売上高は427,464百万円、前年比92.6%の減収となりました。

○売上総利益率は前年より0.04ポイントの悪化となりました。書籍部門の原価率上昇により売上原価率は0.13ポイント悪化しましたが、決算における返品調整引当金の戻入処理の影響があり、合計では売上総利益率は微小な低下にとどまりました。
   
○この結果、売上総利益は46,277百万円で、売上高伸長率に比べ0.4ポイント下回る前年比92.2%となりました。

○販売費及び一般管理費は、前年比94.6%と売上総利益の伸長率に比べ2.4ポイント上回りました。決算における貸倒引当金の処理で戻入がありましたが、一方で輸送運賃上昇や最低賃金上昇による業務委託料の増加等の影響が大きく出る結果となりました。

○結果、営業利益は5,032百万円で前年比76.8%の減益となりました。

○営業外収益と営業外費用を加減した結果、経常利益は3,010百万円で前年比71.3%となりました。

○特別利益は遊休資産売却による固定資産売却益及び投資有価証券売却益により計321百万円を計上。特別損失には投資有価証券評価損や固定資産除却損等により計574百万円を計上。結果、税引前当期純利益は2,757百万円、前年比62.1%となりました。

○税金費用を加味した結果、当期純利益は1,818百万円、前年比59.7%となり、減収減益決算となりました。

○B/S面では、自己資本比率は32.6%と前年同率ですが、決算期末日が土曜日であった影響等を修正した実質では、34.9%と前年より2.3ポイント上昇し、財務基盤は引き続き堅調に推移しています。

◇連結決算(連結子法人16社)は単体決算同様、減収減益の決算となりました。

詳細につきましては、発表資料をご覧ください。
平成29年度決算発表資料(pdf)

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587