ここから本文です

8月開催の「第19回 漫画博覧会(台北)」出展企業の募集を開始

2018年4月10日

8月開催の「第19回 漫画博覧会(台北)」出展企業の募集を開始
~4月27日(金)申込締切で受付中~

株式会社トーハンは、8月16日(木)~8月20日(月)に台湾台北市で行われる「第19回 漫画博覧会」にて、日本のコンテンツが集まるオールジャパンコンテンツエリアの運営を担当、出展者の募集を開始いたします。

今回で19回目となる「漫画博覧会」は、毎年8月に台北市で開催し、来場者数が最大で60万人を越えるというアジア最大のイベントです。過去には、経済産業省が開催するコ・フェスタ(JAPAN国際コンテンツフェスティバル)の海外パートナーイベントに選ばれました。トーハンは、この大規模なイベントにて、主催団体の一社である現地企業「台湾東販」と協力し、オールジャパンコンテンツエリア「日本館」を運営いたします。なお、イベントの内容については、トーハンホームページ「海外イベントのご紹介」にて、昨年の様子や出展者向け資料を公開しています。
日本コンテンツとの親和性の高い「漫画博覧会」での大規模なプロモーションは、台湾だけではなく、広く中華圏への訴求を見込めることから、日本コンテンツの海外普及に重要な役割を果たします。
また、日本館においては、台湾メディアへのプレスリリースや、台北市内の各エリアでのサイネージ広告を行うなど、様々な形でエリア自体を盛り上げます。漫画博覧会における「日本館」は今年で4年目となり、認知度をますます高めていることもあり、企業単体では難しい効率的なPRを実現するとともに、台湾における日本コンテンツのファン拡大を図ります。

経済産業省が一昨年4月に発表したデータによると、海外のコンテンツ市場ではアジアを中心に市場が拡大し、2020年には7,580億米ドル(2013年比で137.8%)に成長する見込みです。アジアの中でジャンル別のコンテンツ普及率は、特に漫画・アニメがトップのシェアを維持し続け、中でも台湾・香港では著しく高いシェアとなっております。今後もより多くの日本企業の皆様に、本イベントに興味を持っていただき、認知を広めていきたい考えです。

<展示会概要>
1.名称: 2018 Comic Exhibition 第19回 漫画博覧会(台北)
2.会期: 2018年8月16日(木)~8月20日(月)
3.会場: 台湾台北・台北世貿展覧一館
4.主催: 中華動漫出版同業協進会
5.規模: 来場者 約52.1万人、約23,450㎡、出展数 70社620ブース(2017年実績)
2018年予測来場者数50万人前後

・応募方法:海外事業部へ直接お申込みください 担当/肖 艶(ショウエン)、小野寺 謙
 TEL: 03-3266-9573  E-mail: alnair_07@tohan.co.jp
・出展申込締切:4月27日(金)
・詳細情報URL:http://www.tohan.jp/works/oversea/event.html

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587