ここから本文です

ほんをうえるプロジェクト『ぜったいに おしちゃダメ?』体験型読み聞かせイベントを開催

2017年12月25日

ほんをうえるプロジェクト
『ぜったいに おしちゃダメ?』体験型読み聞かせイベントを開催
~子どもたちが押してもいい「ボタン」を拡材として提供~

株式会社トーハンのほんをうえるプロジェクト(以下「ほんをうえる」)は、サンクチュアリ出版(本社・東京都渋谷区、鶴巻謙介社長)と協力し、絵本『ぜったいに おしちゃダメ?』の体験型読み聞かせイベント「きみは押さずにがまんできるか!?」を全国100書店で開催します。

2017年8月に発売された『ぜったいに おしちゃダメ?』(ビル・コッター 作・サンクチュアリ出版)は、アメリカで33万部を突破したベストセラー絵本です。本には「ぜったいに おしちゃダメなボタン」が描かれていますが、不思議なモンスターが「押したらどうなるんだろう?」「押しちゃえば?」と誘惑します。読んでいる子どもが誘惑に負けてボタンを押すと、モンスターに楽しい変化が次々と起こり、絵本をふったり、おなかをこすって、モンスターを元の姿に戻してあげる、体験型の絵本です。子どもの好奇心を刺激しながら、親子でコミュニケーションを楽しむことができ、子どもたちが何度も読み聞かせをせがむ内容となっています。

「ほんをうえる」では、この絵本の読み聞かせイベントを企画。開催にあたり、子どもたちに絵本の世界をより楽しんでもらうべく、サンクチュアリ出版に依頼し、子どもたちが押してもいい「ボタン」を提供いただきました。参加書店には拡材として、告知用ポスターと「ボタン」20個を提供。イベントでは、参加する子どもたちに「ボタン」を渡し、読み聞かせに合わせて実際に押しながら、絵本の世界を楽しむことが出来ます。

読み聞かせイベントは1月中旬以降、全国100書店にて開催予定。「ほんをうえる」は体験型イベントを通じて絵本の魅力を伝え、増売に繋げてまいります。

20171225oshityadame.jpg 20171225button.jpg

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587