ここから本文です

複合POSシステムを活用し、セルフレジの展開を開始

2017年11月24日

複合POSシステムを活用し、セルフレジの展開を開始
~駅ナカのくまざわ書店西武池袋店に導入~

株式会社トーハンは、株式会社くまざわ書店(本社:東京都八王子市)の要請により、トーハン複合POSを改造し、セルフレジとしても対応できるように致しました。本レジは10月12日、西武池袋線池袋駅の地下改札近くにある《くまざわ書店西武池袋店》に設置され、くまざわ書店としては初のセルフレジとして稼動開始致しました。
決済方法は交通系電子マネーのみ、4つの操作で会計が完了するシンプルな設計。本体の商品スキャナ部分は、書籍の2段バーコードをあらゆる角度から正確に読取れるCCDイメージスキャナ方式を採用しています。

会計方法は以下の4ステップです。20171124selfregi.jpg
① 開始ボタンを押す
② 商品をスキャンし、支払いボタンを押す
③ リーダーに交通系電子マネーカード、またはスマートフォンをタッチする
④ レシートが発行される


稼働後1カ月経過して見える傾向としては「コミック、雑誌、文庫での利用が多い」 「人気コミックスの発売日には利用が非常に増える」「平日の夕方以降が特に多い」ということで、レジ混雑の緩和に繋がっています。
実際に利用された方からは「操作がシンプルで、スムーズに会計ができた」「画面の案内やスキャナの操作が分かりやすく、使い勝手がよかった」「簡単に使えることがわかったので、これからも利用したい」などの声が聞かれています。
今後くまざわ書店では、駅ナカ繁忙店を中心に導入拡大を検討していく予定です。

トーハンが開発した複合POSは、パッケージソフトでありながら、カスタマイズができ、書籍(ISBN・雑誌コード)に加え、当社扱いのセルCD 、文具と書店様が独自に管理しているJAN商品についても一元管理が可能となっています。

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587