ここから本文です

ほんをうえるプロジェクト AI 書店員「ミームさん」がブックファースト新宿店に登場!!

2017年11月 6日

ほんをうえるプロジェクト AI書店員「ミームさん」がブックファースト新宿店に登場!!
~書店店頭×IT施策「マクルーハンの本棚」第2弾 アガサ・クリスティー作品フェアと連動~

株式会社トーハンのほんをうえるプロジェクト(以下「ほんをうえる」)は、書店店頭にIoT(Internet of Things)、AI(人工知能)などの最新技術を導入して集客に繋げ、お客様と本との新たな出会いの場を創る新施策「マクルーハンの本棚」を実施中。この度、第1弾の書店×IoT施策「次世代型電子POP」に続き、第2弾の書店×AI施策として、11月6日よりブックファースト新宿店でAI書店員「ミームさん」の取組みの実験を開始。以後、結果をみながら順次拡大していきます。このAI書店員の仕組みは、株式会社sMedio(本社・東京都中央区、代表取締役社長 岩本定則)との共同開発となり、同店で開催中のアガサ・クリスティーフェアと連動します。

20171101AImeme.jpg  20171101McLuhan.jpg

店頭に置かれたモニターの前でスタートボタンを押すと、「ミームさん」に搭載されたカメラを通じてAIがお客様の特徴を瞬時に判断、合わせて「うれしい」「普通」「悲しい」の表情を読み取ります。お客様にお薦めの作品を、特徴と表情をかけあわせた結果により導き出し、アガサ・クリスティーフェア51作品の中から1冊をお薦め、店内で展開中のフェア売場へとご案内します。AIに本を薦められるという未知の楽しい体験を提供し、本との新たな出会いの場を演出します。

選書は株式会社早川書房(本社・東京都千代田区、代表取締役社長 早川浩)が行い、AXNミステリー(株式会社ミステリチャンネル、本社・東京都港区、代表取締役社長 滝山正夫)が映像を提供。お客様視点の「ほんをうえる」らしい、充実したコンテンツになりました。

「マクルーハンの本棚」の実施に当たっては、複数の企業とオープンイノベーションの連携を行い、出版物の需要創造につながる新たなプロモーション方法の確立に挑み、新規事業開発を目指します。

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587