ここから本文です

「第18回 JAPAN EXPO(パリ)」日本企業出展ブースエリア「SAIKO! JAPAN」の運営・管理を担当

2017年7月10日

「第18 回 JAPAN EXPO(パリ)」
日本企業出展ブースエリア「SAIKO! JAPAN」の運営・管理を担当
~過去最大級となる21社、55ブースの展開が決定~

株式会社トーハンは、JAPAN EXPO(パリ)のメインパートナーとして、2017年7月6日(木)~7月9日(日)の4日間、パリ・ノール・ヴィルパント展示会場で開催される「第18回 JAPAN EXPO」の会場中央に位置する日本企業の出展ブースを集めたエリア「SAIKO! JAPAN」の運営・管理に当たります。

★「第18回 JAPAN EXPO」大盛況のうちに終幕! 現地・パリからの最新情報がとどきました!(7/10)★

「第18回 JAPAN EXPO」開幕!(7/7)

出展企業/コンテンツのラインナップが続々発表!(6/23)

JAPAN EXPOは2000年よりフランス・パリで始まり、2012年からは毎年の入場者が20万人(昨年度実績:234,852人)、出展社が600を超える、世界最大の日本イベントの一つであり、漫画、アニメ、ゲーム、アイドルなどのPOPコンテンツをはじめ、伝統工芸、文化芸能、日本食、先端テクノロジーなど、幅広いジャンルの文化を紹介し、その多様性を発信する日本カルチャーの祭典です。

トーハンはJAPAN EXPOの公式メインパートナーとして2011年より日本企業の出展窓口をつとめ、会場中央に位置する、日本企業の出展ブースを集めたエリア「SAIKO! JAPAN」の運営・管理に当たります。昨年のエリア内ブース数は44ブースと、2011年当初の2倍となっており、日本コンテンツの「今」が集まるエリアとして、毎年会場内でも大きな注目を集めています。また、「SAIKO! JAPAN」エリアの中心には、「SAIKO! STAGE」を設置、来場者とのコミュニケーションを楽しめるステージとして、アーティストライブやサイン会、撮影会、映像放映など、様々なイベントを実施、出展企業の現地プロモーション支援をしています。
今年度はエリア内に過去最大級となる21社、55ブース規模の展開が決定しており、多くの来場者を感動させるオールジャパンコンテンツエリアとして、更なる飛躍が期待されます。
トーハンはJAPAN EXPOの運営・管理を担当することにより、日本のコンテンツ・日本文化を海外へ発信すると共に、日本企業のビジネスの場を世界に広げたい考えです。

<展示会概要>
1.名称 :第18 回JAPAN EXPO
2.会期 :2017 年7 月6 日(木)~7 月9 日(日)
3.会場 :パリ・ノール・ヴィルパント展示会場
4.主催 :SEFA EVENT(JTS GROUP)
5.規模:来場者24万人(予測)、135,000㎡、出展社648社(2016年実績)
6.SAIKO! JAPAN 公式SNS
Facebook https://www.facebook.com/saikojp/
Twitter   https://twitter.com/SAIKOJAPAN2017

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587