ここから本文です

全国書店共助会研修「経営実践講座」第3回(最終回)をトーハンセミナーハウスにて開催

2017年6月13日

全国書店共助会研修「経営実践講座」第3回(最終回)をトーハンセミナーハウスにて開催
~トーハン社員が企画する完全オリジナルプログラム~

株式会社トーハンは、トーハンセミナーハウス(場所:東京都新宿区新小川町1番6号)において、全国書店共助会との共同事業として、トーハン社員が企画する完全オリジナルの研修プログラム「経営実践講座」を実施。最終回となる第3回が5月24日~25日(1泊2日)に開催され、全国から書店の次世代経営者層14名が参加されました。なお、2日目は特別講師として、平安堂・長崎深志取締役をお招きし、講話をいただきました。

この研修は書店の次世代経営者・後継者・経営幹部に向けた講座で、第3回は「スクラップアンドビルド、リニューアル、複合化」をテーマに行われました。
研修では国内大学院派遣制度を利用して学んだトーハン社員がコーディネーターを務め、1日目は「撤退の決断・実務」「出店・改装計画の策定」「複合化」等の講義を行い、講義後は懇親会が行われました。
2日目には、特別講師の平安堂・長崎深志取締役に、ご自身の経験を元にお話をいただきました。午後には「自分はどんなリーダーになるか」「そのために必要なもの、必要な能力は何か」というテーマでディスカッション・発表が行われ、最後に3回にわたる研修の締めくくりとして、藤井社長がお話しをされました。
参加者からは「撤退・出店・改装は未来への投資であると同時に、総体的に判断することが必要とわかった」「長崎取締役の講話では、長野=平安堂というブランドを築いてこられた素晴らしい取り組みを聞かせていただいた」「"今後やるべきこと"がたくさん見え、思いを共有できる仲間が出来たのが大きな収穫だった」等の感想が寄せられました。

トーハンセミナーハウスは、人材育成に注力しているトーハンが出版業界の「プロ人材」育成のために、全国書店共助会との共同事業でつくりあげた宿泊可能な研修拠点です。
書店、出版社など広く業界の皆様にご利用いただき、出版業界を変革する人材を輩出する現代の「梁山泊」となるよう積極的に運営してまいります。全国書店共助会では、今後もこのようなオリジナルプログラムの研修を実施する予定です。

20160613 syugo.jpg  20160613 kowa.jpg

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587