ここから本文です

オンライン書店「e-hon」で体験型謎解きキャンペーン第三弾を開催

2016年10月 3日

オンライン書店「e-hon」で体験型謎解きキャンペーン第三弾を開催
~「求ム名探偵 怪盗ブックハントの奇妙な挑戦状 e-honミステリーキャンペーン」~

20160930 e-hon3.jpg

株式会社トーハンが運営するオンライン書店「e-hon」(http://www.e-hon.ne.jp)は、書店店頭へのO2O(オンライン・トゥー・オフライン)施策の一環として、10月1日から11月15日まで46日間、「求ム名探偵 怪盗ブックハントの奇妙な挑戦状 e-honミステリーキャンペーン」を全国約2,200店のe-hon加盟書店にて開催いたします。

一昨年度開催の「求ム名探偵 消えた書籍の謎を追え!」、昨年度開催の「求ム名探偵 消えた推理作家の謎を追え!」のいずれの企画も大変な好評を博し、次のキャンペーンを待ち望むお客様の声が多数寄せられたことを受けて、より充実した内容で第三弾を開催いたします。今回のキャンペーンでは、とある推理作家の新刊原稿が盗まれるという事件が発生し、犯人とみられる怪盗ブックハントから挑戦状が届くところからストーリーが始まります。キャンペーンに参加するには、全国のe-hon加盟店店頭にて挑戦状に見立てたポストカードサイズの問題用紙を手に入れなければなりません。普段、なかなか書店に来店されない方も、現在流行中の「謎解き」をキーにして、オンラインから書店に送客いたします。
暗号を全て解き、見事原稿を取り戻した方には、先着500名にシリアルナンバー入りのオリジナル感謝状を、抽選で500名にストーリー中にも登場するオリジナルコインを贈呈いたします。

※実施店一覧は下記サイトにてご確認いただけます。
http://www1.e-hon.ne.jp/content/cam/2016/nazo.html
 
さらに今回は姉妹サイト「Digital e-hon」においても、本シリーズではおなじみのキャラクター「本好警部」が出題する、電子書籍を使った謎解きキャンペーン「腕試し!求ム名探偵 本好警部からの挑戦状」を同時開催いたします。

e-honではサービス開始以来、書店との連携を基本理念として様々なサービスやキャンペーンを提供しています。本企画においては、Web広告や関連サイトでの企画宣伝や実施書店情報公開により、Webからの来店誘導を強化し、実質的なO2O実現を目指します。本キャンペーン実施が、書店店頭活性化の一助となることを期待しています。

「e-hon」の加盟書店は約3,000店、会員数約150万人(2016年8月末現在)。

■「求ム名探偵 怪盗ブックハントの奇妙な挑戦状 e-honミステリーキャンペーン」実施概要
実施期間:2016年10月1日(土)~2016年11月15日(火)
実施場所:全国e-hon加盟書店のうち参加申込店約2,200店舗/キャンペーン特設サイト
企画内容:参加書店店頭で挑戦状(問題用紙)を入手20151001motoyoshikeibu.jpg
問題用紙には謎と応募要項を記載
①問題用紙に記載された謎を解読
②キャンペーン特設サイト(捜査本部)へアクセス
③問題用紙の謎の回答を入力、正解となれば2問目以降に進む
④全問正解すると、先着500名にシリアルナンバー付き感謝状を贈呈
 抽選で500名にオリジナルコインを贈呈   
⑤期間終了後、全問題の答えを発表

※ 本企画参加・キャンペーンご応募には、e-hon会員登録(無料)が必要となります
 
■企画内容等の詳細は、下記キャンペーン告知サイトにてご確認ください
【e-hon】
http://www1.e-hon.ne.jp/content/cam/2016/nazo.html

【Digital e-hon】
http://www.de-hon.ne.jp/digital/201610nazo.asp

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587