ここから本文です

TOHAN×MOE連動企画「のりたけ&ヨシタケ」オリジナルフェア開催

2016年9月 7日

TOHAN×MOE連動企画「のりたけ&ヨシタケ」オリジナルフェア開催
~人気絵本作家が夢のコラボレーション~

20160907noriyoshipop1.jpg株式会社トーハンは、株式会社白泉社の協力を得て、絵本情報誌「MOE」と連動し『いま、いちばん読んでみたい絵本作家』として「しごとば」の鈴木のりたけ氏と「りんごかもしれない」のヨシタケシンスケ氏のフェアを9 月中旬より全国約700 書店にて開催します。

昨年「MOE絵本屋さん大賞2015」にて、大賞を受賞しているヨシタケ氏、2 作品ランクインしている鈴木氏。話題作を立て続けに発表し、いま最も注目されている先生方の夢のコラボレーションが実現いたしました。
参加書店には、このフェアのために書き下ろしたオリジナルパネル・POPを送付。お互いのプロフィールと作品について独自の視点で紹介し、ここでしか見られない貴重なものとなっております。代表的な8 作品とともに店頭展開し、作品の魅力をアピールします。また、フェアに連動して白泉社「MOE11 月号」(10 月3 日発売)にて、先生お二人のスペシャル対談も実現。子供のころに親しんだ絵本、作家を志すきっかけになった絵本等、内容の濃い対談になっています。

トーハンは、本企画を通じて、読者に本との素敵な出会いを提供し、店頭の集客力・販売訴求力アップを図ります。

キャンペーン特設ページはこちら
http://www1.e-hon.ne.jp/content/cam/2016/noritakeyoshitake.html

【鈴木のりたけ】
1975 年、静岡県浜松市生まれ。『ぼくのトイレ』(PHP 研究所)で、第17 回日本20160907noriyoshipop2.jpg絵本賞読者賞、『しごとば 東京スカイツリー』(ブロンズ新社)で、第62 回小学館児童出版文化賞を受賞。子どもの目線に近い、ユニークで遊び心がつまった独特の作風で人気を博す。絵本の作品に、「しごとば」シリーズ(ブロンズ新社)、『ぼくのおふろ』『ぼくのふとん』(以上、PHP研究所)、『かわ』(幻冬舎)、『おしりをしりたい』『おつかいくん』(以上、小学館)、『おえかきしりとり』(講談社)などがある。千葉県在住。ネコ一匹と一女の父。

【ヨシタケシンスケ】
1973 年、神奈川県生まれ。筑波大学大学院芸術研究科総合造形コース修了。日20160907noriyoshipop3.jpg常のさりげないひとコマを独特の角度で切り取ったスケッチ集や、児童書の挿絵、装画、イラストエッセイなど、多岐にわたり作品を発表している。『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)で、第6 回MOE 絵本屋さん大賞第1 位、第61 回産経児童出版文化賞美術賞、『りゆうがあります』(PHP研究所)で、第8 回MOE絵本屋さん大賞第1 位を受賞。著書に、『ぼくのニセモノをつくるには』(ブロンズ新社)、『ふまんがあ
ります』(PHP 研究所)などがある。2 児の父。

【フェア対象商品】

書名 著者名 出版社 ISBN 本体金額
 
 しごとば
 
 鈴木のりたけ
 
 ブロンズ新社
 
 978-4-89309-461-2
 
 1,700
 
 ケチャップマン
 
 鈴木のりたけ
 
 ブロンズ新社
 
 978-4-89309-610-4
 
 980
 
 す~べりだい
 
 鈴木のりたけ
 
 PHP研究所
 
 978-4-569-78448-9
 
 1,000
 
 とんでもない
 
 鈴木のりたけ
 
 アリス館
 
 978-4-7520-0730-2
 
 1,500
 
 りんごかもしれない
 
 ヨシタケシンスケ
 
 ブロンズ新社
 
 978-4-89309-562-6
 
 1,400
 
 このあとどうしちゃおう
 
 ヨシタケシンスケ
 
 ブロンズ新社
 
 978-4-89309-617-3
 
 1,400
 
 りゆうがあります
 
 ヨシタケシンスケ
 
 PHP研究所
 
 978-4-569-78460-1
 
 1,300
 
 ふまんがあります
 
 ヨシタケシンスケ
 
 PHP研究所
 
 978-4-569-78502-8
 
 1,300




■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587