ここから本文です

新年仕事始め式 年頭挨拶

2016年1月 7日

新年仕事始め式 年頭挨拶

株式会社トーハンは、1月5日午前9時より新年仕事始め式を行いました。藤井武彦社長の挨拶(要旨)は以下の通りです。

皆さん、あけましておめでとうございます。
今日からまた心機一転、全員参加で、新しい年に挑戦していきたいと思います。
昨年の出版業界では、従来とは様相を異にする現象が顕在化しました。当社としても決して安閑としていられない状況であります。

出版業界には、出版販売会社でなければ果たしえない機能があります。我々トーハンは、出版流通に対する責任を担う企業として、機敏な変化対応によって、つねに自らの機能を高めなくてはなりません。そして、あらゆる取引先の負託に応え、現在の大転換点を脱し、安定的発展へと出版業界をリードしていく務めがあります。そこで、改めて意識して頂きたいのが、「最高のサービスを最低のコストで実現する」ということです。会社全体として「変化対応」に取り組む中で、従来とは考え方も変えながら、今年は特にコスト削減と生産性向上を徹底的に追求します。常日頃から、全般にわたって「最高のサービスを最低のコストで実現する」ということを全員が徹底していくようお願いしたいと思います。

さて、出版業界の現状をどう見るかですが、まず日本の読書の総量は減っておらず、むしろ微増の傾向にあり、「活字離れ」などという常套句は決して正しくないというのが、現状認識の出発点です。問題点は、新刊マーケットから他のチャネルに読者が拡散・シフトしていることで、それを我々のドメインである新刊マーケットにいかに呼び戻すかが、経営戦略の基本であります。今年度の三大営業重点施策であるTONETS V・スコアVを活用した書店の売場改善、店頭客注の獲得強化、イベントや新企画による店頭活性化プロジェクトの推進、これらの具体策は、新刊マーケットに読者を呼び戻すという基本方針に沿って計画され、日々皆さんにも推進して頂いているわけです。特に今年は、客注対応をさらに進化させ、3月までにe-honの仕組みを利用して、一都六県のエリアで客注品の即日到着を実現します。これによりスピードの点でも、エリア書店が大手ネット書店と肩を並べる水準となります。

併せて、出版物の増売に「複合化」という補助装置を利かせ、より大きな相乗効果を生み出します。トーハンが進める複合化は、読者が楽しく時間を過ごせる時間消費型の店舗空間づくりを志向しています。集客を高め出版物を売り伸ばすことを基本コンセプトとし、副次的要素として複合商材自体の売上および利益によって、書店とトーハンの収益にもプラスをもたらします。最新の事例としては、「カフェ・ノータ・ノーヴァ」の第2号店が、伊勢治書店ダイナシティ店のリニューアルに伴い昨年12月11日にオープンし、カフェまでを含めた店舗全体の売上は120%強となっています。これがトーハンの目指す複合化の一つのモデルケースであります。今年も複合化を進めますが、基本は本の増売と、利益率の向上を図るための複合化であることを、改めて意識して頂きたいと思います。

さらに、雑誌マーケットに対しても大きくメスを入れ、改善に取り組みます。配本に関しては、実績参照方式からの脱却に踏み切ります。システムが完成するまで新しい考え方のもと昨年よりアナログ的に仕入配本を変えてきた書店マーケットでは、昨年から単月ベースで実売率が改善しはじめ、月によっては売上前年比が100%を超えるなどの効果も出てきています。今年はこれをシステムベースに乗せ、雑誌増売を図ることが大きなテーマとなります。厳しい情勢だからこそ、やれることは何でもやってみる、出来なければ出来る方法を考えるという挑戦者の姿勢で臨みたいと思います。

また、マーケット自体の活性化を図ると同時に、中期的観点から、トーハン自身の体質強化にも注力して参ります。まず、出版流通以外への事業領域の拡大です。介護事業や物流事業などいずれも将来のトーハンを支える柱となるよう、ノウハウを蓄積しながら進めています。なお、本社再開発計画につきましても、社会全体の変化を見ながら、様々な可能性についてプランニングを進めています。

既存事業、新規事業いずれも、トーハンの推進力を生み出すのは皆さん一人一人です。市場環境は厳しいですが、「米百俵」の逸話にもあるように、苦しいときこそ人財の育成が重要であります。研修の拡充に取り組み、海外派遣や国内大学院研修派遣も継続いたします。皆さんも会社の方針に呼応して、自らを磨き成長し、大きな成果を出して頂きたいと期待しております。キーワードは三つです。一つは「最高のサービスを最低のコストで実現する」二つ目は「部署を越えた領海侵犯・領空侵犯」そして「米百俵の精神の具現」であります。

新たな一年のスタートにあたり、私たち、そして皆さん一人一人が将来に対し希望を持ち、可能性を信じ、個人としても企業としても大きく成長することを誓い合い、年頭の挨拶といたします。
                            (平成28年1月5日 午前9時より、トーハン本社にて)

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587