ここから本文です

生活者視点の新提案型店舗「SerenDip明屋書店アエル店」を8月26日にオープン

2015年6月15日

生活者視点の新提案型店舗「SerenDip明屋書店アエル店」を8月26日にオープン
~愛媛松山の先進商業施設「AEL MATSUYAMA」に出店。サテライトスタジオも併設~

株式会社トーハンとグループ会社の株式会社明屋書店(本社・愛媛県松山市、代表取締役社長:小島俊一)は、森ビル株式会社(本社・東京都港区、代表取締役社長:辻慎吾)が愛媛県松山市大街道に開業する複合施設(AEL MATSUYAMA)2階に「SerenDip 明屋書店アエル店」を 8 月 26 日にオープンさせます。

店舗は、140 坪と標準的でありながら「本を基調として読者のその先の興味や暮らしまでカバーする書店」を基本コンセプトに、従来の書店で一般的な商品ジャンルを一新し、生活者視点のテーマで「出会う」と「深める」の2つのゾーンで構成されています。また、商品を陳列する什器設計にも外部デザイナーを起用し、書棚もレイアウトも提案型店舗にふさわしい新たなスタイルとなっています。

1 つ目のゾーンである「出会う」は、たべる、こころとからだ、はぐくむ、くらす、たのしむの 6 つのコーナーに分かれており、話題のオーガニックコスメの john masters organics と erbaviva を取扱い、専用の美容部員も配置するなど、暮らしを豊かにする提案をしていきます。このゾーンでは、生活関連図書や生活雑貨、育児書や絵本に知育玩具、コミックや YA 図書等と読者との出会いを演出します。もう1つのゾーン「深める」には、物語と文化、教養と芸術、仕事と学び、趣味とスポーツ、旅する等のコーナーが設けられ、関連する本や雑誌、文具、雑貨を取り揃えて「読者のその先の興味や暮らしまでカバーする」のコンセプトを実現しています。

また、同フロアは床材が統一されており、旅行代理店の㈱HIS と旅行書の棚との連動や、地元で今治タオル専門店「伊織」他を展開する㈱エイトワンが運営するカフェ「Branch Coffee by 81」には購入前の本も持ち込めるなど、フロア全体の一体感も醸し出しています。
さらに売り場の一画には、地元あいテレビ(TBS 系列:地上波)が運営するサテライトスタジオが[ i-studio with 明屋書店]の名称で併設され、ここからは、生中継による番組放映やインターネット番組も配信される予定です。マスメディアとの連携で情報発信スポットとしても多種多様な情報を提供していきます。

なお、今回の試みを全国の書店に参考にして頂けるよう、店頭に陳列する商品の選書や発注は、TONETS-V を始めとするトーハンのプラットフォーム上で行っており、「SerenDip 明屋書店アエル店」をこれからの地方書店活性化への一つの提案型店舗として位置づけています。

【店舗概要】
 SerenDip 明屋書店アエル店 《開店日 平成 27 年 8 月 26 日(水)》
  住 所:愛媛県松山市大街道2丁目5番12号 AEL MATSUYAMA2階
  営業時間:10:00~22:00(年中無休)
  坪 数:140坪(BOOK 120 坪、文具・雑貨・コスメ 20 坪)
  ・デザイナー  DAIKEI MILLS 中村圭佑
  ・ディレクション  有限会社 ユトレヒト 江口宏志 / BOOKLUCK 山村光春
  ・グラフィック  高い山 株式会社 山野英之
  ・内 装  株式会社 丹青社

※SerenDip(セレンディップ)は、偶然の幸運を意味するセレンディピティが語源。お客様に本やモノと出会う偶然の喜びや人と人が出会う偶然の幸運を体感できる店舗であって欲しいとの思いが込められています。

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587