ここから本文です

トーハン 平成27年度入社式 社長挨拶

2015年4月 3日


トーハン 平成27年度入社式 社長挨拶150403entranceceremony.jpg

株式会社トーハンは、4月1日午前9時より本社8階大ホールにおいて、平成27年度入社式を執り行いました。今年度の新入社員は35名(男子24名、女子11名)。
藤井武彦社長は挨拶の冒頭で、全社員に共通するトーハンの三つの経営基本方針と行動指針に触れ、その意味するところと新入社員としての心構えを説き、激励の言葉を述べました。
挨拶(要旨)は次の通りです。

皆さん入社おめでとうございます。人生の新たな門出をお祝いいたしますと共に、皆さんが仕事を通して人間として大きく成長し、満開の桜のごとく才能を開花させ、出版文化の発展のために活躍されることを期待して、役職員一同、入社を心から歓迎いたします。

出版業界は予想以上のスピードで変化しており、大転換点の状況にあります。こうした状況下で生き残るのは、ダーウィンの進化論のように、変化に適応した企業であります。シビアな時代である反面、変化を恐れず挑戦する者にとっては大きなチャンスの時代であり、まさに今、トーハンは大きな改革に挑戦しております。
本業である出版物の流通販売機能はトーハンが65年間にわたって継続している事業ですが、手法は年々進化を続けています。ベースにあるのは先人が築いた信用であり、商品を全国に低コストで供給するインフラです。そして、出版マーケットの縮小傾向に対応すべく、複合事業などの新しい柱を打ちたて、急速にそれらの育成・強化を図っています。皆さんにも、これから様々な部署で色々な仕事をして頂きますが、そのどれもが、大きな改革につらなる重要な仕事です。
最近はTONETS V、TONETS iによるデータに基づく緻密な販売提案が、実際に書店マーケットの底上げに効果を発揮しております。社員がTONETSシステムの活用スキルを身につけるため社内検定制度も一昨年から実施しています。前回は182名がライセンスを取り、入社一年目・二年目の中からも22名が取得しました。皆さんもしっかり勉強して挑戦して頂きたいと思います。

さらに今年度は、「客注」と「店頭集客」という二つの大きな課題に取り組みます。
「客注」に関しては、業界の中でトーハンが最も優れた仕組みを持ち、特にここ2年で大幅に進化し、品揃え・スピード・コスト、いずれもリアル書店がネット書店にも十分対抗できる状況になっています。今年度は書店や読者への一層の浸透を図り、ネットや図書館などのチャネルに拡散した読者を新刊書店に呼び戻します。
「店頭集客」については、トーハンの仕入部門や全国の営業部門が大々的に連携し、書店店頭でのイベントなどに取り組めるように、今年度から「店頭活性化プロジェクト推進室」という横断的組織をつくりました。読者が身近な書店に足を運ぶきっかけとなるよう、色々な仕掛け作りをし、積極的にアプローチしていきます。

出版に次ぐ新たな柱としては、まず複合事業です。書店店頭に文具・雑貨・音響・カフェなど新業態を提案するビジネスで、出版物の売上減少をカバーし、また書店の集客力や収益性を高めます。
次に、当社の中核的機能である物流事業です。トーハングループの物流業務を一手に担う子会社のトーハンロジテックスでは3PL事業に参入し、出版物流だけでなく他業種の物流業務にも進出し、すでに一万坪もの物流センターの運営にも参画しています。
また、新規事業として介護事業もあります。高齢化社会への対応と、不動産の有効活用を兼ねて「サービス付き高齢者向け住宅」の運営に参入し、まさに今日第一号の施設が横浜市内で開業します。さらに、この本社の3,750坪の敷地を生かして、新しい業を興す、本社再開発構想プロジェクトもプランの検討を進めています。

今まさにトーハンは大きく変わりつつあります。皆さんも、社会の変化とトーハンの変化にしっかり対応し、出版界に新しい風を吹きこむ人材に育ってほしいと期待しています。
トーハンは、人材育成を重視し、スクーリングや通信教育を通じて能力を磨く機会を提供しています。公募による国内大学院派遣制度や海外研修派遣制度については、第二期生が準備に入っています。さらに昨年度は、女性活躍推進のためのキャリアアップ支援研修やそれを支える男女共通のワークライフマネジメント支援制度を導入しました。
意欲と能力のある人は、年齢や性別にこだわらず積極的に登用します。実際に、本日付けで一般職から管理職に昇格した人のうち、44%は35歳以下、最年少は31歳です。また、昇格者に占める女性の割合も30%まで高まりました。
ウサギとカメの話ではありませんが、たとえ十人並みの凡才でも、たゆまぬ努力をいとわない人が最終的に成功します。持って生まれたヒトゲノムの遺伝子は変えられませんが、人間は努力によって自分を律し、行動を通して仕事の能力を高め、社会に適応していく生き物です。また、人にはそれぞれ潜在能力があり、環境の変化により大きく伸び、運命をも変える可能性を、誰しも秘めています。
これから皆さんが経験する全てのことが、学びのチャンスであります。社会人として、学生時代とは違うストレスとの闘いになると思いますが、どんな時も前向きに考える習性を身につける必要があります。最近の脳科学の研究では、意識的に明るく前向きな考え方を貫くと周囲との人間関係も良くなり、オキシトシンという幸福ホルモンが分泌され、より良い循環ができると言われています。皆さんも前向きな姿勢を忘れず、幸福ホルモンを発散させながら、自己研鑽の努力を怠らず、大きく成長して頂きたいと思います。

出版界の現状は決して甘くはありませんが、それを乗り越えて、将来を切り開いていく、誇りを持って取り組める仕事が、皆さんの前に広がっています。皆さんはトーハンが34年後に迎える100周年にも立ち会える方々です。夢と希望を持って、存分に腕をふるって頂きたいと思います。
トーハンは皆さんの会社であり、私は全員参加の経営を標榜しています。一人一人の社員が光を放つことで、会社全体の輝きが増します。皆さんの活躍を心から期待しています。

■この件に関するお問い合わせ  トーハン広報室 TEL 03-3266-9587