ここから本文です

明屋書店 セブン-イレブン併設の新業態店舗1号店オープン

2014年2月28日

明屋書店 セブン-イレブン併設の新業態店舗1号店オープンのお知らせ
~3月1日明屋書店石井店にセブン-イレブンが愛媛県初出店~

株式会社トーハンのグループ会社である株式会社明屋書店(本社・愛媛県松山市、代表取締役:小島俊一)は、松山インター至近に立地し、1月31日にリニューアルした石井店(松山市)に併設するかたちでセブン-イレブンがオープンし、新業態店舗1号店として地域に根ざした店舗運営を目指します。

愛媛県初出店となるセブン-イレブン松山北井門2丁目店は、3月1日に明屋書店石井店に併設してオープンいたします。株式会社セブン-イレブン・ジャパン(本社・東京都千代田区、代表取締役社長 最高執行責任者〈COO〉:井阪隆一)にとっても、本格的な書籍チェーン店との併設出店は今回が初めての試みとなります。

店舗面積は明屋書店石井店が220坪で、セブン-イレブン店舗は45坪。入口は明屋書店とセブン-イレブンで分かれておりますが、明屋書店の営業時間中は店舗内の出入口で行き来が出来るようになっています。明屋書店は、セブン-イレブンのお客様も利用できる共有のイートインスペースを設け、コミックの試し読みが出来る「ためほんくん」や店内の在庫が調べられる書名検索機を設置した新業態店舗に変わります。今後は明屋書店、セブン-イレブンでの商品PRを行うモニターなどを設置予定です。さらに、セブン&アイ・ホールディングスが展開する電子マネー「nanacoカード」を今夏までに明屋書店全店舗でも使用可能とするなど、両店のコラボレーションによるサービス向上を図ります。娯楽と教養を提供し、お客様の知的好奇心を満たす書店スペースにコンビニエンスストアの利便性を兼ね備えたワンストップショップとして、地域のお客様の多様なニーズに即した、皆様に愛される明屋書店、セブン-イレブンを目指して参ります。

今回の出店は、「本を通じてお客様との出会いを大切にし、社員ひとりひとりが日々成長し社会貢献できるように努力する」を経営理念とし愛媛県を中心に82店舗を展開し、本年創業75周年を迎える明屋書店と「既存中小小売店の近代化と活性化」、「共存共栄」の実現を目指すセブン-イレブン・ジャパンが、それぞれの店舗リニューアル、愛媛県への初出店というタイミングが合致し、地域活性化と書店店舗活性化のための新業態へのチャレンジに双方が合意しての出店となります。それぞれの持つ店舗運営のノウハウを共有し、回遊型滞在の書店と目的買いを中心とするコンビニエンスストアのコラボレーションによる相乗効果で、集客力の向上および来店頻度と滞在時間の増加を見込んでいます。

なお、午前8時30分からセブン-イレブン松山北井門2丁目店開店のテープカットが行われます。

【店舗概要】

・明屋書店石井店(220坪)
・セブン-イレブン松山北井門2丁目店(45坪)
住  所 愛媛県松山市北井門2-20-32
営業時間 明屋書店:10:00~22:00
セブン-イレブン松山北井門2丁目店:終日営業

イートインコーナー外観.jpg
イートインコーナー入り口

【会社の概要】

[株式会社セブン-イレブン・ジャパン]
・代表者 代表取締役会長〈CEO〉鈴木 敏文
代表取締役社長〈COO〉井阪 隆一
・本社所在地 東京都千代田区二番町8-8
・設立年月 1973年11月
・資本金 172億円
・売上高 3兆5,084億円〔チェーン全店〕(2013年2月期)



[株式会社明屋書店]
・代表者 代表取締役 小島 俊一
・本社所在地 愛媛県松山市湊町4丁目1番地19
・創業年月 1939年2月
・主な事業の内容 書籍・雑誌・DVD・CD・文具等の小売販売、ビデオ・CDレンタル、書店フランチャイズ事業
・主な事業所 全国15都道府県に直営71店舗、FC11店舗、合計82店舗
・資本金 3,000万円
・業績 141億円〔グループ合計〕(2013年6月期)



[株式会社トーハン]
・代表者 代表取締役社長 藤井 武彦
・本社所在地 東京都新宿区東五軒町6-24
・設立年月 1949年9月
・主な事業の内容 (1)書籍、雑誌、教科書、その他の出版物の取次販売
(2)音楽・映像ソフト、ゲームソフト、玩具、雑貨類、事務用品、教育用品、音楽用品、視聴覚機器、什器備品の取次販売
(3)SAシステムの開発、販売および各種情報提供業務
・資本金 45億円
・売上高 4,913億円(2013年3月期)



■この件に関するお問い合わせ トーハン広報室 TEL 03-3266-9587